top of page
  • 執筆者の写真Kaz Uematsu

カスピ海でオイルスピル(油流出)

カザフスタンの自然保護団体は火曜日、カザフスタンの巨大なカシャガン油田近くのカスピ海北部で、大規模な石油流出が衛星画像によって捕獲されたと述べた。

Globus環境団体のGalina Chernovaは、ヨーロッパの衛星Sentinel-1Aからの画像を引用して、約7平方キロメートル(2.7平方マイル)のスリックが形成されたとFacebookに投稿しました。

カザフスタン最大の油田の1つであるカシャガンは、シェル、エニ、トータルエネギーズ、エクソンモービルを含む北カスピアン・オペレーティング・カンパニー(NCOC)コンソーシアムによって開発されています。

カザフエネルギー省、コンソーシアム、環境省は、流出疑惑に関するロイターの質問にすぐには答えなかった。

カスピ海に接するカザフスタンのアティラウ地域の生態学部門は、目視検査を実施し、石油生産現場でサンプルを採取すると述べた。


Kashagan field (Credit: TotalEnergies)


閲覧数:28回0件のコメント

Comentarios


bottom of page