top of page
  • 執筆者の写真Kaz Uematsu

カリブ海1カ月続いた原油流出が止まる

トリニダード・トバゴ政府によると、カリブ海のトバゴ島沖で転覆し、最大35,000バレルの燃料油を搭載したバージからの油流出が1ヶ月にわたる後、ついに止まったと報告されています。2月初旬にトバゴ島の大西洋沿岸で発見されたこの油流出は、島のマングローブに被害を与え、地域の観光業と漁業に脅威をもたらしました。油流出がカリブ海に広がるにつれて、隣国ベネズエラやボネール島、グレナダ島などの近隣地域に対する懸念が高まりました。

環境影響に対処し、油流出を清掃するため、政府はリメディエーションとサルベージの専門企業、QT EnvironmentalとT&T Salvageにプロジェクトの対応を依頼し、漏れ出しているバージの回収を進めました。

2010年のディープウォーター・ホライズン爆発事故のような油流出は、沿岸コミュニティ、産業労働者、野生生物、そして海洋生態系に甚大な被害をもたらします。何百万ガロンもの油が海に流出し、コミュニティに莫大な清掃費用を強いるだけでなく、水質を損ない、海洋生物を危険にさらします。

海鳥は羽が油で覆われると、飛行能力と保温性を失い、魚類の生命も短縮され、食物連鎖の重要な部分が崩壊します。この事件は、海外での危険物質輸送に伴う地球への持続的な挑戦とリスクを浮き彫りにし、環境災害を防ぐためのより厳格な安全対策と計画の必要性を強調しています。

トリニダード・トバゴのキース・ローリー首相は、「状況を完全に把握し、制御下に置いた後に、清掃と復旧作業を本格的に開始できる」と述べています。この種の事件が沿岸住民と海岸生態系に与える深刻な影響は、自然資源の汚染に対する迅速な行動の重要性を明確にし、より清潔で安全な未来を築くための努力を促しています。 https://www.thecooldown.com/green-business/arcadia-solar-energy-panels-home-cost/

Photo Credit: Getty Images

閲覧数:81回0件のコメント

Comentários


bottom of page