検索
  • Kaz Uematsu

ツマアカスズメバチの営巣数大幅に減少


 対馬の養蜂は、元禄年間に書かれた陶山鈍翁(1657~1732)の書物に「養蜂は継体天皇(507~531)の頃、山林より巣を取って飼育する方法が広まった。」という記録があり、かなり古い時代よりニホンミツバチが飼養されていたようです。

 その天敵ツマアカスズメバチ対策の状況が、対馬新聞に報じられていました。

6回の閲覧0件のコメント

© 2023 by Nature Org. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now