top of page
  • 執筆者の写真Kaz Uematsu

ボランティアと沿岸警備隊が、プーケット沖のコー・ラチャヤイのビーチから油を回収しています。

プーケット沖のコー・ラチャヤイでの油汚染は深刻な状況となっており、地元の当局とボランティアが浄化作業に取り組んでいます。タイ海事執行コマンドセンターと沿岸パトロール要員もクリーンアップ作戦を展開しており、月曜日の夕方までに油スリックの約90%が除去されました。


しかし、この緊急事態の中で最も悲しいニュースは、ウミガメが油に覆われて死亡したという報告です。Koh Racha Yai周辺の海洋環境への被害は計り知れず、地域の生態系に対する長期的な影響が懸念されています。


観光業にも影響が出ており、水泳選手の中には油に巻き込まれて動揺している者もいます。地元の観光オペレーターによれば、「30年ぶりにスリックに出くわした」とのことで、この問題は石油貯蔵室を不注意に放出したタンカーによって引き起こされた可能性が指摘されています。


この事態は、自然保護と産業活動のバランスを取る必要性を改めて強調しています。ウミガメの悲劇的な死は、環境保護への一層の取り組みを求める声を高めることになるでしょう。


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page