• Kaz Uematsu

レディ・ローズマリー・オイルスピル(第3報)

更新日:1月1日

博多湾の ESI Map (Environmental Sensitivity Index:環境脆弱性指標)

P100:国際港の位置する本市では、船舶の航行 も盛んであり、船舶の事故による油汚染などが生じる可能性も考えられます。

P102:絶滅危惧種は、今津干潟や和白干潟などの沿岸部、脊振山地や油山などのまとまった樹 林地、立花山や飯盛地区などの里地里山環境、河川、ため池などに多く分布しています。 環境負荷の高い製造業(第二次産業)の割合が低く、戦後の高度経済成長期に開発や環境 汚染による影響が比較的小さかったため、市街地周辺には良好な環境が残っており、カブ トガニなど全国的にも希少な生きものが生息・生育しています。しかし、依然として、生 育・生息状況が悪化している分類群が多く、現状として危うい種が多いのも事実です。

(福岡市の資料より引用)




閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示