top of page
  • 執筆者の写真Kaz Uematsu

エクアドルで oil spill 発生 7/20

エクアドルの国営石油会社、ペトロエクアドルは、太平洋に約1,200バレルの石油が流出し、海岸線の数キロメートルが汚染されたと確認しました。7月19日、エスメラルダスの港の海上ターミナルにあるタンクが容量を超えて事故が発生しました。


約半量の原油がペトロエクアドルの施設から流出し、レクリエーションや観光客に人気のあるラス・パルマスビーチの約4キロメートル(2.5マイル)に広がりました。汚染原因の調査が進行中で、不注意、機械の損傷、または破壊行為などが否定できない状況です。


エスメラルダスはエクアドルのコロンビアとの北部国境から約150キロメートル(93マイル)南に位置しています。ペトロエクアドルは、初期の清掃作業により、陸上での影響の90%、海上での影響の60%を制御したと述べています。


環境大臣のホセ・ダバロス氏は、この流出事故が鳥類や甲殻類などの野生生物に影響を及ぼす可能性があると語り、清掃作業は約1週間かかると予想しました。彼はペトロエクアドルからの評価を待ち、適切な罰則を決定すると述べています。



閲覧数:26回0件のコメント

Comentários


bottom of page