検索
  • Kaz Uematsu

クリムゾン・ポラリス・オイルスピル(第8報)

更新日:8月27日




海岸線漂着鳥調査二日目、昨日調査したビードルビーチの南に伸びる海岸線を調査しました。


調査開始直後にオオミズナギドリの死体を発見、まだ新鮮で時期的にも油汚染による死亡の可能性が高いかもしれしれません。日本獣医生命科学大学病理学教室の道下準教授が病理解剖を引き受けて下さいました。


最後にアオウミガメの死体が漂着していました。こちらも道下先生に解剖をお願いしました。 


by KazU














49回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示